フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書
大型図鑑・写真集   表紙一覧へ

世界で一番美しい名画の解剖図鑑
著者:カレン・ホサック・ジャネス、イアン・シルヴァーズ、イアン・ザクチェフ編著    発行年月:2013.03    定価:3,800円+税
名画の旅へ、ようこそ 名画の多くは、いくつもの意味を隠し持っています。その鍵が解け、偉大な絵画を理解できるようになれば、たちまち、すべてが意味に満ち溢れ、新たな発見へのたびが始まります。 本書では、何世紀にもわたって描かれてきた名画の数々における物語や、絵画を読むヒントを大解剖。幅広い知識が身に… 
 
世界で最も美しい書店
著者:清水 玲奈    発行年月:2013.02    定価:3,800円+税
世界中から選りすぐった個性的な書店20軒を、撮り下ろしによる美しい写真と実際に取材を行ったジャーナリストの文章によって紹介した一冊。ブックデザインは、本書でも取り上げられている「代官山 蔦屋書店」のディスプレイを手がけたデザイナー原研哉が担当。また、店本好き、本屋好き自認する識者たちが自らの“本屋体… 
 
隈研吾 物質と建築
発行年月:2013.02    定価:4,700円+税
世界で活躍する建築家、隈研吾の日英同時刊行作品集。 90年代以降、地方の職人たちとの恊働のなかで培った素材の扱いや日本の伝 統的な工法に基づいて設計を行ってきた建築物 25 作品を厳選。 ガラス、木、石、竹、コンクリートなど素材ごとに章立し、隈研吾自らが作品だけでなく、素材や工法についての解説をして… 
 
世界で一番楽しい元素図鑑
著者:ジャック・チャロナー    発行年月:2013.01    定価:2,800円+税
インドのタージ・マハル遺跡と私たちの骨には、どんなつながりがあるだろう? エッフェル塔と人間の血液の共通点は? 料理にふりかける食塩と、夜道を照らしてくれる街灯はどうだろう? ──答えは、カルシウム、鉄、ナトリウム。 つまり、どのペアも同じ元素をもっているということだ。 元素は宇宙のビッグバンと… 
 
20世紀 世界の名作住宅
著者:ドミニク ブラッドベリー (著), Dominic Bradbury (原著), Richard P    発行年月:2013.01    定価:4,700円+税
本書では、建築家が設計した世界で最も影響力の大きな住宅100作品を紹介しています。ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエといった巨匠から、安藤忠雄やレム・コールハース、ヘルツォーク&ド・ムーロンなどの現代建築の巨人まで、20世紀建築の傑作の数々を選りすぐっています。… 
 
世界の夢の本屋さん2
著者:清水玲奈    発行年月:2012.07    定価:3,800円+税
「朝日新聞」書評欄で荒俣宏氏が絶賛した『世界の夢の本屋さん』の続編が遂に刊行。前作に続き『世界の夢の本屋さん2』では、ヨーロッパのほか南米、アジアの新しい書店をバラエティ豊かにピックアップしました。 「世界で最も美しい本屋さん」として世界中から人々が訪れるブエノスアイレスの「エル・アテネオ・グランド… 
 
死ぬまでに見たい中国世界遺産
著者:羅 哲文 (著), 李 敏 (著), 河野 肇 (翻訳)     発行年月:2012.07    定価:3,800円+税
自然景観と人類の文化の宝庫である中国。本書は中華人民共和国建国60周年を記念して刊行され、中国国内のすべての世界遺産の入門書であり、その全貌が写真と解説によって鮮明かつ容易に理解されるよう配慮されています。  
 
世界で一番美しい人体図鑑
発行年月:2011.07    定価:2,800円+税
美しいグラフィックを豊富に使って、頭からつま先まで、全身の器官とその仕組みを丁寧に解説した図鑑です。 両面に印刷されたフィルムシートによる解説ページでは、器官の位置や裏側など、複雑な人体の構造が驚くほど簡単に理解できます。 
 
世界の夢の本屋さん
発行年月:2011.07    定価:3,800円+税
海外の本屋さんはインテリアはもちろんのこと、看板、ショーウィンドウ、ディスプレイなど見所満載!本書は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ブリュッセル、ローマ、ミラノ、アムステルダム・・・などおしゃれな街10都市のクラシカルなお店から、モダンデザインのお店までセンス溢れる33件を紹介。美しい写真で、見てい… 
 
奇界遺産
発行年月:2010.01    定価:3,800円+税
フォトグラファー、佐藤健寿が過去五年に渡って世界を股にかけ、撮影・取材した世界の奇妙な人・物・場所。 中国の洞窟村から、東南アジアの新興宗教、アメリカのUFO基地・エリア51、ギリシアのオーパーツ、 南米ボリビアの忍者学、太平洋の呪われた遺跡、チベットのイエティ、インドのサイババ、あるいは何故か中国…