フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書
50音順 : な   表紙一覧へ

日本の住宅をデザインする方法2
著者:岸本和彦・田井幹夫・谷尻誠・手塚貴晴+手塚由比・納谷学+納谷新・西久保毅人・廣部剛司    発行年月:2012.12    定価:3,200円+税
好評の前著「日本の住宅をデザインする ─建築家が語る「和」の極意」の第2弾。 「和」から視点を変えて、住空間の拡がりを求めて様々な試みを行う建築家に登場いただいた。 事例を紹介する写真に合わせて、ディテールを理解するための豊富な図面が資料性を高めている。  
 
日本の戦争解剖図鑑
著者:拳骨 拓史 (著)    発行年月:2016.07    定価:1,600円+税
過去の戦争を正しく学ぶことが 未来を生きるための知恵となる 明治維新から太平洋戦争終戦まで、 そのとき日本と世界に何が起きていたのか? 本書は開国以降の日本の対外戦争を、 戦闘別に戦況図と豊富なイラストで完全図解した本です。 序章「開国以前の日本の対外戦争を知る」では、 白村江の戦い(663年… 
 
日本のビルベスト100
著者:@関西人    発行年月:2016.10    定価:1,800円+税
高さ100m以上の日本全国の超高層ビルを100棟紹介する写真集です。 超高層ビルは都市を発展させる上で重要な役割果てしている重要な建築物です。 そんな超高層ビルの役割やデザインに込められた意味など知れば、 見慣れた街が少し違って見えてくるはずです。 本書では、選りすぐりの日本の超高層ビルの魅力をわか… 
 
日本の不思議な建物101
著者:加藤 純 (著), 傍島 利浩 (写真)    発行年月:2016.12    定価:1,800円+税
ヘンな建物に人はなぜ惹かれるのか 日本が誇る101の個性的な建物を、大迫力の写真でお届け。 「ざわざわ」「ふわふわ」ほか、形の特徴ごとにわけて収録。 「なぜ不思議なのか」「建築としてどこがすごいのか」が分かる詳細な解説付き。 ■主な掲載作品 中銀カプセルタワービル 八王子セミナーハウス本館(大学… 
 
日本の名作住宅の間取り図鑑 改訂版
著者:大井隆弘    発行年月:2019.03    定価:1,600円+税
歴史に名を残す住まいの間取りは どこがスゴいのか? 地域の気候、材料を生かした江戸期から、近代化された明治期、 和風と西洋化が融合しつつ独自の発展をとげていく大正・昭和期の住宅まで。 日本の住まい発展の歴史が、この1冊で学べます。 江戸期の住宅は屋根の形状の豊富さ、台所(土間)と居室が別棟になる… 
 
日本の名作住宅の間取り図鑑
著者:大井 隆弘     発行年月:2015.04    定価:1,600円+税
江戸・明治・大正・昭和の名作住宅の間取りを大解剖! 日本の住宅は日本の気候風土に合わせ、生活習慣に合わせ、 地域ごとにさまざまなカタチに発達してきました。 明治になって西洋文明が流入し始めると、 住宅も純和風から一部洋風、和洋折衷などさまざまな形態が見られるようになります。 そのなかでの… 
 
日本の名城解剖図鑑
著者:米澤 貴紀 (著), 中川 武 (監修)    発行年月:2014.12    定価:1,600円+税
イラストでよみがえる日本の名城 現在国内に残されている城およびその遺構はさまざまな状態のものがあります。 戦国時代にすでに焼け落ちたものから、明治維新を経て取り壊されたもの、 戦災で焼け落ちたもの、そして現在まで残っているものまでさまざまです。 本書はそれらの城をイラスト図解で使って詳しく解説する… 
 
日本の最も美しい教会
著者:八木谷 涼子 (著), 鈴木 元彦 (写真)    発行年月:2016.12    定価:1,800円+税
一度は訪れたい世界に誇れる日本の聖堂 隠れキリシタン発見の地となった長崎の教会群から、 日本の大工技術が光る木造教会、 近代建築の巨匠たちが残した建築遺産まで、 61の美しすぎる祈りの空間を厳選しました。 日本でのキリスト教は1549(天文18)年、 フランシスコ・ザビエルによりもたらされ、 そ… 
 
日本の最も美しい図書館
著者:立野井 一恵    発行年月:2015.05    定価:1,800円+税
一度は訪れたい日本の美しすぎる図書館 歴史的な建物を今も使い続けているレトロ図書館から モダニズム図書館、最新の図書館まで 読書に集中できなくなるほどに美しい41館を厳選しました。 ■関東甲信越エリア 武蔵野市立ひと・まち・情報 創造館武蔵野プレイス 東京都武蔵野市 多摩美術大学図書館(八王子キャ… 
 
日本の最も美しい名建築
著者:田中 禎彦, 小野 吉彦    発行年月:2015.09    定価:1,800円+税
■王宮から礼拝堂、駅、学校、銀行、温泉まで日本の建築遺産を訪ねる。 ■明治から戦前までの名建築をみれば日本の発展の歴史がわかる! 本書は、西欧の古典主義建築に影響を受けた壮大なネオバロックの宮殿から、 辰野式の赤レンガの銀行、大工が見よう見まねで建てた擬洋風の学校、 レンガ造の産業遺産、はたまた…