フリーワード検索
おすすめ
50音順
専門書
一般書
「建築知識」の書籍一覧   表紙一覧へ

建築知識 13/01 [確認申請]を一発で通す方法
発行年月:2012.12    定価:1,600円+税
今号は法規特集、なかでも「確認申請をスムーズに通すために」というテーマに絞り込んで内容を吟味しています。 確認申請の窓口でやり取りに手間取る時間は、誰にとってもストレスですが、 そうした停滞とは無縁の生活を送る“その道のプロ”もたくさんいます。 彼らは申請時に足止めをくいやすい危険な個所を熟知してい… 
 
建築知識 12/12 意匠設計者のための「RC×S×W」超速★構造入門
発行年月:2012.11    定価:1,600円+税
震災以降、これまで以上に構造上の安全性が求められています。 意匠設計者も「構造はなんとなく苦手」では済まされません。 そこで、本特集ではRC造・S造・木造の3構造をバランスよく取り上げ、 建築主から聞かれて困る事柄を中心に詳しく解説しています。 さらに、得られた知識が設計の自由度を高め、 「邪魔な小… 
 
建築知識 12/11 「過不足なしの実施図面」の描き方
発行年月:2012.10    定価:1,600円+税
図面の描き方を特集しました。 必要なことを簡潔にまとめれば、設計の意図が正確に伝わり、積算の精度も高まります。 施工者も納得、現場もスムーズに進む図面の描き方をベテラン設計者が大解説します! 特別付録DVD-ROM スキルアップの操作ポイントをマスター! アントキの猪木と学ぶJw_cad闘魂講座 … 
 
建築知識 12/10 [高さ寸法]攻略マニュアル
発行年月:2012.09    定価:1,600円+税
住宅の「高さ寸法」は、法規や機能、デザインなどの複合的な要因から決定されます。 しかし、積み重ねた経験・技術が求められる分、設計者が「オリジナルの高さ寸法」を体得するのは容易なことではありません。 そこで本特集では、気鋭・実力派の設計者による多数の事例をもとに、「高さ寸法」の決め方を実践的に解説。 … 
 
建築知識 12/09 最強の木造現場[マンガ×写真]図鑑
発行年月:2012.08    定価:1,600円+税
経験が少ない、現場になかなか行けない設計者にとって、施工に関する知識は身に付きづらいもの。 しかし、知識が身についていないと、工事監理はままなりません。 そこで、今回はマンガと写真・図面を組み合わせ、分かりやすく、詳しく解説。 マンガで全体の流れをつかみつつ、豊富な写真と図面で構成された図鑑で知識を… 
 
建築知識 12/08 立体図で見る[木造住宅の納まり]図鑑
発行年月:2012.07    定価:1,900円+税
●内容紹介 ふだんの業務では平面図や断面図で考えるディテールも、 写真や立体図で奥行きを確認できれば細部への理解がより深まるはず。 そこで本特集では、木造住宅の標準的な納まりを、立体図で徹底的に解説。 部材同士の取合いや床、壁などの層構成が一目で分かります。 さらに特別付録として誌面掲載の平面・断面… 
 
建築知識 12/07 長期優良×省エネ法×瑕疵担保×エコポイント×フラット35 クロスチェック
発行年月:2012.06    定価:1,800円+税
建築知識2012年7月号 長期優良×省エネ法×瑕疵担保×エコポイント×フラット35 クロスチェック 特別付録小冊子 最新情報で基準に対応! 省エネ建材大百科 一見複雑な各制度ですが、重なるところ・違うところを理解して上手に使いこなすことができれば、他社との差別化や競争力を強化する大きなチャンスに… 
 
建築知識 12/06 木造住宅のコストデザイン
発行年月:2012.05    定価:1,900円+税
住宅の建築コストは重要だと分かっていても、設計者が避けて通りがちな分野です。そこで本特集では、建築場所・地盤条件などの敷地的要因や、平面形状・屋根形状などの設計的要因が変化した際に、「コストはどのくらい変動するのか?」を“ザックリ”把握できるよう、シミュレートします。>付録DVDには、簡単に使えるコ… 
 
建築知識 12/05 白熱![木構造]実践講座
発行年月:2012.04    定価:1,800円+税
■特集 自由な意匠を実現するヒントが満載 白熱![木構造]実践講座 震災以降、住宅の構造性能を気にする建築主が増えています。しかし、構造はサッパリという方も多いのでは?そこで本特集では、意匠設計者でも最低限知っておくべき木構造の基本を、イラスト満載&ストーリー仕立てで解説します。さらに、「南面を全面… 
 
建築知識 12/04 最小限省エネ住宅のススメ
発行年月:2012.03    定価:1,900円+税
「また省エネか」と抵抗を感じたり食傷気味、あるいは「正直、乗り遅れたかも」という方、どうぞご安心ください。本特集では建築知識が考える、誰でもできる「最小限」の省エネ仕様を提案。すぐに実務に生かせるように、細かい計算はできるだけ省略しています。付録のDVD-ROMソフトでは、建物のプランや高さ、導入設…